孤独と孤独感の話

f:id:shawya:20170615070116j:plain

 

よっこらせ、shawyaです

 

孤独と孤独感ってなんか違いませんか?

 

この一週間くらい何が違うんだろうなって考えていたんですけど、

 

ぼくとしては、孤独感は受け身な感じで、孤独は能動的だなって考えに至りました。

 

 

 

孤独感はみんなあるもんだと思います。

ぼくも家族や友達と一緒にいても孤独を感じることがあります。

 

以前、電車で少し仲良くなったパワフルなおばあちゃんに

 

「人間一人で生まれて一人で死ぬんだよ」と言われたことを思い出しましたが

 

孤独感は本当に人間誰しも持っているんだろうと思います。

 

ただ、そこで終わってしまうのは本当にもったいないなと。

 

ここから孤独の話です。

 

先ほども述べたように孤独は能動的だと思っています。

 

イメージとしては外から受け取るものじゃなくて

中から湧き上がってくるようなもの。

 

ぼくが思う本当の孤独は、自分を貫くことです。

 

ある程度は社会に適応する必要があるので、適宜適応しつつも心の奥底では

 

しっかり自分を貫く。仕事以外の時間で自分がしたいと燃えているものに取り組む。

 

孤独とは、そういう意味で能動的なんだなーという考えに至りました。

 

 

孤独というのは人間の欲求を生み出すものだと考えていて

 

欲の先は本当の自分があるんだと思う。

 

以前、友達が「欲の先は安らぎじゃ!」と語ってくれましたが、そのお陰で孤独と繋げて考えることができた。

 

欲求が生まれたら、挑戦すればいい

 

挑戦は敷居が高いかもしれないから、ちょっとやってみる、そんな気持ちでいい。

 

何かを始めるエネルギーの量はもともと一人一人決まってるんじゃなくて

何かに挑戦するから生まれる

 

ドラクエと同じで、みんな最初からMP(エネルギー)があるのではなく、知らない町に行ったり、道中でスライムの塊と闘ったりして、チャレンジすることでレベルが上がり、MP(エネルギー)が増える

 

ドラクエやっぱすげえな。

 

挑戦を続けると、自分がイキイキしてくる。

 

自分がイキイキすることで、周りがイキイキしてくる。

 

孤独は、周りの大切な人のイキイキに繋がる

 

文字にすると、また少し変な感じ

 

孤独と孤独感の話でした。